japanavi

Travelers, JapaneseCulture and Technology... For Movers portal site blog !

車の未来:車中泊ファン以外も注目、専用ブランド登場

ハイエースとNVー200は、荷室の効率が最もよくて運送会社や車中泊ファンにはマストな車として知られていますが、ついにというかようやくというか、車中泊専用ブランドの登場のようですよ。

 

response.jp

オートバックスのPB、車中泊ミニバンを市販予定…東京オートサロン2019 | レスポンス(Response.jp)

 

生活様式の自由化が進み、小さな家族単位や個人単位でより個性的な生活が楽しめる世の中になった今、大きな変化を迎えようとする自動車の世界も、これから大きなカテゴライズの見直しがされていくでしょうね。

 

そのカテゴリー・ジャンルの組み直しのなかで「車中泊」つまり、車の中で過ごすという「自動車のプライベートルーム化」や「自動車のリビング化」は明確に市民権を得ていく魅力的な市場へ移行しようとしています。

 

ほんの少し前まで「車中泊」はオタクの世界と認識されてきましたが、自動車そのもの利便性や安全性、そしてなによりも持つ目的が見直され、移動手段としての目的は残るものの、それ以外の目的は大きく見直される「ブルーオーシャン」市場として注目されています。

その証拠に、最近の自動車ショーなどに出品されるコンセプトカーのトレンドは、自動車メーカー各社が新規提案するシーンが格段に増えています。

 

その時代の幕開けに偶然開かれた、「オートサロン2019」はいつも以上に大盛況でしたが、それは既存のカスタム嗜好ユーザーに加え、一般の自動車ユーザーが加わったことへの証拠です。

それに多くの自動車ファンが読んでいるであろう「しげの秀一」氏のマンガは注目ですが、その新シリーズ「MF GHOST」で、当に自動車の未来の世界を描こうとしています。

前大ヒット作「頭文字D」の世界観・設定を引き継ぎながら、次世代の自動車の「走る楽しさや意味」について積極的に提起している点は、高く評価されていいと思います。

 

これから、どんな自動車市場が展開されるか想像するだけで、くろまはとても興奮してしまいますし、楽しみにしています。

 

 

 

エンドレスな ”アイドル災難" 賛否の行方と、意外な盲点

この事件に限らず、アイドル(偶像)を現実とごっちゃにして、

過去数えきれない程、女子アイドルの災難は起こってきたが、交通事故と同じように、

「解っていても、止まらない」

ことへの繰り返しは、これからも減っては来るかもしれないけれど、激減することはない問題なんだろう。

 

www.hochi.co.jp

 

同朋や先輩アイドルから、少なからず表明が出ているものの、その一方で男女ともアイドルは「イメージ商品」であることに変わりが無く、商業社会では「金を払う側の意見は優先される」という現実は避けて通れない以上、アイドル個人の人権は最低限ではあっても、業界への忖度以上の効力があってはならない、という事なんだろう。

 

これらトラブルの賛否両論は根本的な結論が出るようなものでないことは、おそらく誰もが内では知ってはいても、今まで集団意識が強かった日本がより個人主義化する時代に、トラブルの解決はケースバイケースになり、「原則」とか「常識」として共有化されていた共通認識が、通りにくくなることを象徴している。

 

今日本は、ようやく男女の差別や格差という基準で、社会問題を考えられるようになりつつある時期に至った段階で、先進国でLGBTという括りで考え出している段階に追いつくには、まだまだ至らない状態。

この成長過渡期に、アイドル(特に女子)に対するトラブルは、男女それぞれに乗り越えるべき課題はまだまだ多い。

 

基本世間で言われているように、男性側に圧倒的問題が多いのは間違いないが、その一方で防戦一方な上に、男尊女卑社会に便乗する女性の存在は、問題をややこしくしていることも無視できず、単純に男性攻撃とか女性保護という括りだけで片付けるような極論をしている以上、むしろ火に油を注ぐことと変わりないだろうと思う。

 

男性が女子アイドルに、女性が男子アイドルに、お金を費やすのは何れもアイドルが「擬人化された商品」だからであり、男女どちらの立場からでもアイドルをホンモノの異性と誤認した時点でこうした悲劇は必ず起きてしまう。

 

これからの時代は、その男女の性物的欲望はAIが担う時代に入り、ある程度の人的被害は軽減されるかも知れない、それでも人のアイドル需要が無くなることは無いでしょう。

人間は動物派生の生物で、アイドルは人の欲望を満たす究極の商品だし、その欲求をそもそも男女問わずその欲望を抑制できるようになれば、自ずと需要は減っていく定めでもある。

 

こうしたアイドル市場の需要側の事情は、これくらいで十分おさらいできた。

その上で、この問題を整理してみる。

 

アイドルへの災難が無くならない背景は、多くが私達「お客」側の感情や行動にフォーカスされることが多い。

ただ、意外とこの問題解決は需要側の問題というより、供給側の都合にその糸口があるのかもと言ったら、この問題解決にますます火に油を注ぐことになるのか?

 

意外に火消しにつながるのか?

そろそろ私達は気づいているようだが、何故だかその道はそのたび振り出しに戻ってしまう、その繰り返しに対する行動にまで至れないのは、どうしてだろうか?

 

 

2019年もジムニーの攻勢緩めず

デビュー以降も予想としては、情報があがってましたが

新型ジムニー・シエラは、余りに人気があって、今年のオートサロンでもカスタムやバリエーションが軽にしては異例の多さのようで、派生ヴァージョンから読み取れるその可能性は大きくて期待も膨らみますね。

下の記事の車の他にも、コンセプトがしっかりしてたんにド派手でなくて、素材の良さを上手に生かしているものが結構あるのは良いです。

 

autoc-one.jp

スズキ、東京オートサロン2019に出展 | ピックアップトラック版のジムニーシエラを展示|【業界先取り】自動車ニュース2018国産車から輸入車まで【オートックワン】

 

結構リアルな再現画像でジムニーの派生車種として、

ピックアップや5ドアなどのCGを出してた人がいたけれど、

くろまとしては5ドア、出てほしいなぁ(ヨダレ)

 

ようやく公道でもチラホラ新型ジムニー・シエラを見かけることも多くなったけど、

実車見れば見るほど、

「イイネ」

って、思っちゃう。

 

くるマニア病は、さいごまで治らないかもしれないけど、これからも良いものは良いと書き続けていきたいです。

 

 

こうしたショー出品で話題になれば、

結構な確率で販売してくれるSUZUKIの英断に期待したいね。

朝鮮統一、悲願を達成するために。

朝鮮と韓国の厳戒態勢が敷かれる国境付近の私有地が、盛んに売買される動きが増えているそうだ。

日本のやることなす事に、いちいち一方的な解釈と反応を示す北朝鮮と韓国両国は、元来一つの国だったが、米ソ=資本共産社会の経済戦争に巻き込まれ、その代理戦争の結果分断された経緯から、両国は犬猿の中とされているが、本来双方の統一は総意であり、来たる統一後の地価高騰を狙ったリスクどりが始まった、ということらしい。

 

web.smartnews.com

北朝鮮の金委員長、核問題でトランプ氏にメッセージ=朝鮮日報 (ロイター)

  

その動きそのものは、私たちにとっても良い傾向と思えるし、あれこれ指図すべきことでも無いとしても唯一看過できないのは、そのさや当てに日本が仮想敵のように扱われる印象操作の存在。

 

彼らが隣国日本との関係や歴史を含む、様々な物的・精神的なツケをないがしろにして自欲だけを正当化する姿勢と行動は、今後も彼ら結束の原動力として続くことだろうが、その被害者は日本国民だけでなく自国民への犠牲も含まれる。

 

彼ら(政府とか裏の実力者)は、客観的な社会的認識からの大きなズレに気づかない筈がはないにも関わらず、自らや自国民をも混乱させながら「嘘のスパイラル」に巻き込まれている自覚がないようだ。

この姿は、当にかつて海外進出した時分のガラパゴス日本を思い浮かべるが、日本のそれと、比較してもさらに深刻な矛盾に陥る姿を、反面教師として生暖かく見守るだけでは彼らのためにもならない。

多くの日本人が、韓国との経済や文化の交流はとても貴重で継続すべきで、願わば合併後もその関係は継続したいと考えているだろう。

 

ただ、喧嘩の敗者に向ける目線と行動はセンシティブだし、見守りながらも適度な刺激を与えることも忘れてはならない。

 

彼らは自分の起こす罪を認めない間でも、粛々と対処する厳しさも時としては必要で、ある程度売られた喧嘩は買うという態度は、聖人の姿勢と同等に必要な戦術であって、特に歴史的に大国を自負することに固執する相手には、有効な技。

 

日本人は繊細で緻密、ゆえに結果や精度にこだわるあまりに、国交するのに大事な「明確な返事」をしないまま悶々とすることが多い。

彷徨う子羊には、往々にして「はっきりとした指示」を曖昧にした結果、今の関係がある。

 

彼らはその明確な反応を待っているのだ。

その態度を見せない限り、彼らはこれからも都合の良い解釈をし続け、自分たちが中心だと勘違いしたまま図体だけ肥えていくだろう。

 

それは双方にとって不幸だ。

 

昔話に例えれば、

彼らは「赤鬼、青鬼」であり、私たちは彼らに時として一寸法師のごとく、

たとえそれが弱くとも、小さな針の刀で刺し続けなければならない。

金曜ロードショーの定番「風の谷のナウシカ」

今や、日本アニメーションの金字塔にまでなっているこの作品。

紹介記事にも書かれている通り、結構未完の部分が多かった作品。

 

初期アニメブームの現役世代のアニメファンなら、アニメ雑誌の元祖「アニメージュ徳間書店)」の購読者も多かったと思うけど、ナウシカはこの月刊誌の連載として始まって、スタジオジブリの創設者の1人鈴木敏夫氏が、当時思ったような仕事につけていなかった同創設者でもある宮崎駿氏の、才能を形にしたい思いでマンガ連載でスタートした、と記憶する。

 

cinema.ne.jp

『風の谷のナウシカ』を深く読み解く「5つ」の事実 | シネマズ PLUS

 

 アニメージュ創刊当時のアニメファンにとっても、宮崎駿氏は注目され同誌で積極的に彼の経歴など紹介記事が多く掲載されていたが、当時それを担当していた人が鈴木氏なのは知っていたが、彼は根っからの宮崎推しの担当者で、当時不遇だった宮崎氏をどうにかメジャーにしようとしていたそれが、思い余ってジブリ創設の原動力になったのも、購読者なら知られた話だった。

 

アニメ版ナウシカには、当時アニメ黄金期のアニメーターが宮崎氏によって選抜され、作画・美術・原画担当に名を連ねたが、アニメのエンドタイトルを皿のようにして見ながら、

「おお、金田(伊功:かなだ・よしのり)さん!」

 

とか、お気に入りのアニメーターの名前を見つけては、悦に浸ったものだ。

 今のアニメオタクがお気に入りアニメーターが担当した、カットパートを探し出して萌えるアニオタの性はこのころからも変わらなかったのだ。

 

話はナウシカに戻るが、エバンゲリヲンの庵野秀明(あんの・ひであき)氏も居たし、彼の宮崎氏への傾倒ぶりは有名だが、当時のアニメファンの思い入れは彼と同じくらいのめり込んだ人が多かったことからも、アニメ黄金期と言っていい時代。

 

ナウシカもそうだったが、宮崎クオリティ(筆者独自表現)にもあるように、同作は彼の制作クオリティの基準に合わなかったと宮崎氏は嘆いていたが、当時のアニメ制作クオリティは、技術的に言ってその程度でしかなく、今見ると作画技術は統一性が無く、拙いものに見える。

宮崎氏が原作マンガを最後まで書ききったように、鈴木氏の「宮崎駿」マニアのアツイ信念があのアニメを作らせたし、マンガ連載も完結できたのは記事の通りで、マンガ連載が多くのアニメファンが原作の結末を知らずに年齢的に「卒業」していたほど、異例の長期に渡ってしまったし、最終巻の単行本化は相当遅れていたように記憶するが、エバが放映された頃に遅れて読んだ記憶がある。

 

結局宮崎氏が関わったアニメは、ストーリーボード・演出担当、監督でナウシカ未来少年コナンくらいまでは、絵としてのクオリティが低くとも宮崎氏の関わった作品は宮崎ブランドとして、今でも語り継がれるほどアニメ品質をディズニーも認める程に、押し上げた。

そのアニメへの思い入れの強さを育んだ「アニメージュ」は、今はもう手元に無いが、創刊号から前期くらいまでの各刊は、付録もふくめ今でも永久保存版級の情報価値を持っていると思う。

 

そのくらい中身の濃い時代だったし、その時代があって多くのカリスマが現れる素地になり、今のアニメや、日本ブランドとしての地位がある。

 

 

ヤツが、ヤツがやって来る……? エイリアン新作ネタ

娯楽映画を楽しむ多くの方のなかでも「エイリアン」がお好きな方すくなくないだろうと思いますが、その独特のホラーサスペンスのジャンルを生み出した映画監督として不動の地位を持つリドリー・スコット監督は、インスタに公開されたエイリアン続編告知にもワクワクするが、本作にどれほど関わってくるのだろうか?

 

theriver.jp

『エイリアン』新企画、2019年にユニバース拡大宣言 ─ 米公式インスタグラムに謎の予告が登場 | THE RIVER

 

さらに、本日エイリアンのストーリー内容を匂わせる追加情報が出た。

話題の本筋は「リプリーの娘の名前」。

 

エイリアンシリーズの不動の主人公「リプリー」の娘に、次作がフィーチャーする深い意味とは?

リプリーを演じた名優「シガニー・ウィーバー」はまた起用されるのか?

彼女は、すでに高齢ではあるものの、未だ色ああせぬアクティブな女優として人気が高い名女優だけに、ここも見逃せない。

 

そして本筋においては、本作の2作目でチラ出したリプリーの娘の話題が、次作に大きな意味を成すとすれば、くろまが前から気になっていた、敢えてクローズアップされなかった「近未来の地球」が舞台として登場するのではないか?

という期待も込めてワクワク感がとまらない、単にどんどん地球から遠ざかる「宇宙ロマンサスペンス」としてだけでなく、本作の起点の「人間が起こした企業的陰謀と闇」についても、いよいよ掘り下げていくのか?

 

くろまは陰謀論を語ることが多いが、そのいかがわしい都市伝説を追う上で、一貫しているのは、

 

陰謀論でも都市伝説でも、もっとも恐ろしいもの」

 

の追求に尽きるが、最も恐ろしい事実、その仕掛け人が、

言われているようなエイリアンでも異次元の知的生物でも、

亡霊や悪魔でもなく、 

 

 「人間」そのものである事に尽きるという事実。

 

存在する全ての陰謀や、それを揶揄する都市伝説の類には、リアルな人間の欲望や業が絡んでおり、空想の知的生物たちの「おぞましさ」を借りながら、人の本質や恐ろしさを隠蔽の道具にしていることが、最も赦せないのです……。

 

 

さて、

話は戻しますが次作のエイリアンの新展開、リドリー・スコット監督の新境地も期待しつつ、リプリーの娘がどう関わるか?

妄想を広げつつ、公開を待ちたいと思います。

 

陰謀論・SFの王道舞台、2020年ついに現実に

「さあ! 私達が夢見たユートピアの未来は目の前です」

そんなワクワクさせるようなニュースが、ここ数年で後を立たない昨今、またワクワクなニュースが発信された。

「はぁ? ディストピアって、どういう事!……ユートピアでしょうが」 

私達が考える未来を実現する技術のいくつかが、こうした隠喩で表現されて私達を戸惑わせることがあるが、こうした陰謀めいたニュース表現は、意外と我々の脳には素直に記憶されないかもしれない。

 

www.gizmodo.jp

ディストピアが2020年に北京で完成?「社会信用システム」が現実に | ギズモード・ジャパン

 

 ここまでは、「へぇ〜」で済まして問題無い話でも、問題はその先にこうした実例が出てくることで、こうした環境が人々の中で「当たり前」と認識されるようになる事が、最も恐ろしい事。

 

「便利」をキーワードに、大衆から「イエス」を引き出していけば一時的なディスりがあっても、結構簡単に状態化できるので、細かい便利さを積み重ねて「管理体制」を正当化する動きは、これから当たり前に実行されるのは間違い無い。

 

これら「プチ陰謀行為」を広めるのに役立つのがメディアで広められる、常識と流行という名の情報ということになる。

こうした情報戦術には、もう大分前から禁止された「サブリミナル効果」手法があったが、現代のメディア戦略はサブリミナルこそ使わないものの、基本概念は継承されていて目と耳から入る刺激が、脳に入って情報処理される間に細かい情報の蓄積を繰り返すことで、脳を騙してNOをYESへとすり替える方法が実行され、サブリミナル効果と何ら変わりない効果を実現している。

 

また、一年前にアメリカでも実施されたとする、犯罪捜査へのAI導入事例がイギリスでも導入された。

 

www.gizmodo.jp

犯罪を予測するAI、イギリス警察がテスト中。あれ、この設定どっかで見た気が… | ギズモード・ジャパン

 

陰謀脳をMAXにすれば、

「陰謀王国イギリスが、陰謀先進国アメリカ中国と肩を並べた」

と言えるこのニュースからも、

 

「利便性」が「危険性」を上回った事例として記憶にとどめておいていい。

加えて、先日中国の科学者が発表した、

「ヒトゲノム編集で、双子の女子を産み成長中」

と言うショッキングなニュースもあった。

 

これらの事実から来る「管理社会」の未来を整理すると、

まずは、西側の常識や倫理が通らない中国で、最先端技術を実行実現させる。

続いてアメリカが世界を網羅したメディア網で拡散・常態化。

イギリスや日本など保守国へ浸透させ、倫理改革のスタンダード化。

先進国へ高額商品として市場拡大。

 

今後、あらゆる陰謀と見られた技術が、商材と化して当たり前に出回る時代が始まっている現実は、一見バカバカしく一瞥して済ませているSFのようなフィクションが、気がついたらノンフィクションになっていても、私は驚かない。